[iDeCo]2022年7月リバランス

2022年7月SBI証券iDeCoで運用中のiDeCo運用実績報告です。

スポンサーリンク

運用実績

2017年9月から月1万円積立。2021年に転職により企業型確定拠出年金50万円入金。

サラリーマン、個人型確定拠出年金(iDeCo)(401k)に加入しました。 iDeCoに加入 節税と老後費貯蓄のために夫に個人型確定拠出...
2022年1月SBI証券iDeCoで運用中のiDeCo運用実績報告です。 運用実績 2017年9月から月1万円積立。2021年に転職によ...
◆SBI証券のiDeCoのおすすめポイント◆
1.商品ラインナップが充実
iDeCoの運用実績が10年を超えるSBI証券では、「低コスト」と「バラエティ」にこだわり、厳選した商品ラインナップを実現
2.手数料のこだわり
SBI証券では、加入資格、積立金額、期間等に関わらず、運営管理手数料が「無料」
※国民年金基金連合会等が徴収する手数料は発生
3.サポート体制のこだわり
投資がはじめての方も安心

リバランス

2022年1月に見直しましたが、まだ少し分散投資しすぎていると感じたのでリバランスすることにしました。

2022年7月ポートフォリオ(リバランス前)

損益率(10.1%)
海外 外国株 24%
海外 先進国株 12%
海外 新興国株 8%
海外 債券 30%
海外 不動産 13%
国内 金   13%

問題点

分散しすぎていてリバランスが大変。
不動産・金の価格は高値圏、運用手数料が高め。

改善点

不動産・金はスイッチングで預け替え。
株式は手数料の低いものにまとめる。


2022年7月ポートフォリオ(リバランス後)

海外 外国株 37%
海外 先進国株 12%
海外 新興国株 8%
海外 債券 43%

掛金リバランス

海外 外国株 90%
海外 債券 10%

変更方法

大規模にリバランスしたので、掛け金の割合を変えるのではなく、スイッチングでポートフォリオ変更を行いました。

次回のリバランス

次回のリバランスは金融危機が起きた場合か半年後ぐらいを予定しています。大きく変更がない場合は掛け金の割合変更程度で済まそうと思っています。

まとめ

不動産・金への投資をやめました。メインの資産運用でリスクを下げているので、iDeCoではもう少しリスク許容度を上げてもいいかなぁと感じています。

2022年7月の運用経過です。2022年年初からこのポートフォリオで運用しています。 ぜひ参考になればという思いで資産を公開しています。 ...

今のところ、株:債券=70:30が理想です。掛け金で調整中。海外株が3つ(外国株、先進国株、新興国株)にわかれていますが大きな意味はなく、タイミングを見て外国株に統一しようと考えています。

ここ10~15年は教育費のために掛け金は月1万円積立のままでいこうと思っています。子供たちの大学卒業後に増額できたらと考えています。

スポンサーリンク
てくてく家計簿レクタンブル大




てくてく家計簿レクタンブル大




フォローする