てくてく家計簿

ミニマリスト家族の家計簿

[節約]ハガキ・切手をお得に手にいれる

calendar

スポンサーリンク

郵便はがき値上がり

2017年6月に郵便はがき料金が52円→62円に値上がりしました。
ケーマー(懸賞マニア)にとっては大きな値上げです!!
そこで懸賞のためにはがきや切手をお得に手にいれる方法を紹介します。

はがき・切手代の節約

金券ショップで購入

金券ショップでは定価よりも格安で購入することができます。
私のよく行く金券ショップでは62円ハガキが60円で販売されていました。
注意
旧はがき(52円はがき)の場合は10円切手を貼って使用しなければいけないので少々手間になります。

年賀はがきやかもめーるを購入

年賀はがきやかもめーるを数百枚単位で買って、くじ当選を狙います。
例えば年賀はがきの場合、3等の切手シートは100本に2本なので、100枚連番で買うと2枚当たる計算ですね。
運が良ければ、もっと高額当選も狙えます。
注意
当選発表後でないと出せないのが難点です。
年賀ハガキの場合は年賀の文字を消さなければ普通の年賀状と間違えられて年始に届けられる可能性があります。
私の場合、外れた年賀はがき(かもめーる)は年賀の上にシールを貼って、くじ番号はマスキングテープで隠して応募してます。

オークション・フリマサイト

金券ショップとにたような感じですが…
オークションで格安のハガキを落札します。
年末年始は結構見かけます。

エコーハガキ

ハガキの宛名面に企業広告が印刷されている代わりに、格安で購入できるはがきです。
販売数が少なく、とっても人気があるので、発売日を発売局に問い合わせて狙って買いに行きましょう。

書き損じハガキを交換

ありゃりゃ間違えた!!ってことありますよね。
郵便局で手数料5円で官製はがき(又は切手)と交換してもらえます。
懸賞ハガキをパソコンからプリントアウトした時にたまにミスるので、私も何度か交換してもらってます^^;
あと、印刷したけど出さなかったら年賀状も交換しました。

まとめ

チリも積もれば山となる。懸賞好きは毎月出すはがきの枚数が多いので小さい金額でも節約していきたいですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理者

かなちぃ

かなちぃ

1989年生まれ。専業主婦。
ミニマリスト。投資家。
my 楽天room
ブログランキング・にほんブログ村へ
[詳細]