[レビュー]誰も教えてくれないお金の話

スポンサーリンク

書籍情報

タイトル:誰も教えてくれないお金の話
著者:うだひろえ
監修:泉正人

概要

プロローグ
第1章 節約
第2章 価格と価値
第3章 住宅
第4章 お金との付き合い方
第5章 保険
第6章 老後
第7章 子ども・教育
エピローグ
※各章について副題がなかったので章ごとに書いている内容を私がまとめました

感想

コミックなので文書を読むのが苦手な人にオススメです。あと、家計簿やマネー関連が極端に苦手な人向けです。

このエッセイは感情移入できませんでした。ストーリー展開上の設定かもしれませんが、主人公(エッセイなので著者)がお金関係に無知すぎで行き当たりばったりの人生感に引いてしまいました。あと、お母さんが心配して助言してくれているのに、その気持ちをないがしろにするあたりも…
反抗期じゃないんだから素直に嫌なこと・苦手なことにも向き合わないと、反面教師的に教えてもらえました。

家計簿から住宅・保険など全体的な内容を網羅しているので、気軽に読んでみるのには良いと思います。

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

うだひろえ サンクチュアリ出版 2010-10-29
売り上げランキング : 6251

by ヨメレバ

スポンサーリンク
てくてく家計簿レクタンブル大




てくてく家計簿レクタンブル大




フォローする